山猫幻燈會とは


 プロデューサー・音楽監督の杉山弘幸と、作家・杉山響子からなる制作集団。

 

 

作家

【杉山響子   スギヤマキョウコ】

1960年、生まれ。玉川大学、文学部卒。

佐藤愛子、祖父 佐藤紅緑、叔父 サトウハチローという家系に生まれるが、ものを書くことにも、読書にも関心はなかった。

子供の頃、父親が会社を倒産させ離婚。母一人子一人という環境で育つ。昼も夜もなく修行僧のように書き続ける母の背中を見て「作家にだけはなりたくない」という思いを抱く。しかし2008年、突如、閉所恐怖症、不安神経症などを発症。数ヵ月に渡る症状だったが、この時に友人に筆をとることを勧められる。それをきっかけにブログ【ノロ猫プーデルのひゃっぺんめし】を書きはじめる。

読者が増えるにつれ、次第に「書く」ということに関心が湧き、今現在はわかりやすく、且つ心に響くトークと文章で、人気ブロガーとして注目を集めている。

 2015年からは、幼少の頃から人には見えないものを視て育ったというスピリチュアルカウンセラー尚との座談会「あの世のお話会」を不定期開催。

新作小説【猫町】にも期待が高まる。

 

 

プロデューサー

【杉山弘幸   スギヤマヒロユキ 】

1961年生まれ、東京都出身。

大学卒業後、アパレル関係を経て独自でデザインを習得。イタリアやフランスでジュエリーや人とアクセサリーのあり方に影響をうけ、2000年より水晶をメインにしたオリジナルジュエリーコレクションを発表!ストーリー性のある作風とデザイン性に人気上昇中。ショップやサロン情報はFacebookを要チェック!

また、生前の河島英五氏に作品を見出され1996年、B.DOG.BBのギタリストとしてデビューしている。

 現在は、映画「生前葬~はみだし者の逝く末~」出演を機に結成された、各世代が混在する新しい形のバンド、アリバダ・スピリチュアル・デザイナーとしても活動中。